尚巴志ハーフマラソンとは

駆けよ尚巴志の里、 夢・花・風を感じて!!

尚巴志ハーフマラソンin南城市大会は、多くのジョガーから親しまれ、本市と沖縄県を代表するハーフマラソン。『尚巴志』は琉球王国を築きあげ大交易時代へと発展させた本市のシンボル的存在です。本大会は、『尚巴志』を生んだ本市の自然や歴史、文化に触れ、『尚巴志ロマン』を体感することで本市の魅力が県内外へ発信され、地域の活性化に寄与していくことを目的として開催するものです。


大会の特徴

ランナーのペース配分をサポート。

距離表示は、1km 毎に掲示しています(ハーフマラソンの部)。

幅広いお申し込み方法。

申込は簡単。郵便振替のほか、インターネットでもお申込ができます。

水分補給はしっかりと。

給水所は 2.5km 毎に設置して皆様が安心して走れるよう心がけています。

フルマラソンの準備に。

NAHAマラソン提携レースで、1ヶ月前の調整レースに最適です。

思い出に残る大会に。

参加賞は大会オリジナルTシャツで、全種目の完走者に完走証と記念メダル。

起伏に富んだ絶景コース。

距離1.2km、150mの高低差の新里坂や、太平洋を見渡すニライ橋・カナイ橋など風光明媚なコースです。

ひとり一人の「覇者」を応援します!

南城市キャラクター「なんじぃ」

尚巴志ハーフマラソンは、2002年に第1回を開催し、今回で15回目となりました。おかげさまで、短期間で九州最大規模のハーフマラソンとなり沖縄県内屈指の人気大会となりました。皆様のご参加をお待ちしております。


主催・共催・後援・協力等一覧